朝光苑では、業務効率化と多職種間での情報共有などを図るため、10月1日から最新の電算システムを導入致します。

今までは、介護記録、看護記録、栄養記録などがそれぞれ手書き記録のため、ご利用者様のお身体の状態変化などが多職種間でなかなか共有されづらい状況でしたが、今回、最新介護支援システムを導入することにより、バイタル・食事・入浴・排泄など各種記録が時系列で反映されます。これにより職員間でリアル情報の共有が図れるとともに、ご利用者様の状態変化などへの対応や分析、さらに自立支援をお手伝いするためのツールとして活用が期待できます。

現在、システム導入のための入力準備や今までの事務の見直し作業の真っ最中ですが、IT化を順次進めてご利用者様の安心快適な環境づくりに役立てまいります。また、職員がその職のプロとして活躍できる職場にしてまいりたいと考えています。

◎ipad入力により現場に居ながら記録が取れます。